BeneBene's Contens

銀座サロン発ジュエリー工房ベーネベーネの楽しいジュエリーライフ

バイヤーズ日記




かのジョセフィーヌも手にできなかった幻のダリア


【バイヤー:ふじもと】

もうかれこれ8ヶ月も前の話ですが、皆様は覚えていますか??
昨年のJJFで見つけた翡翠のカービングのこと。

バイヤー日記 「かっこよすぎるなぁ~ジャパンジュエリーフェアでの買い付け 」 はコチラ

私が「どうだ!」と持っている翡翠がやっとやっと登場します(汗)
無着色ミャンマー産翡翠のダリアの花のカービング。

セデューストでも人気のダリアの花をなんとか手にしていただける価格で!
といきまいておりましたが、これがかなりの困難を極め・・・
こんなに遅くなってしまいました。

とはいえ、
なんとか誕生石でもある5月に間に合わせることが出来ました!

ところで・・・
実際のダリアに「緑」色はありません!
3万品種あるダリアにもかかわらず、緑と青は発色しません。

今回の翡翠は、「幻の緑ダリア」なのです。

赤・オレンジ・黄色・白・ピンク・藤色・ボタン色・紫など、
ダリアはバラやチューリップと並び、最も縹色のバラエティーに富んだ植物です。
絞りや爪白のもの、コラレット咲きには花弁(大きな舌状花)とカラー(管状花を取り囲む小さな舌状花)の色が違う
2色咲きのものがある。

と書いてありましたが、意味全然わかりませんね(笑)

そもそもダリアはメキシコ原産。
サボテンのイメージが強い私によっては軽くカルチャーショックでした。

ダリアは18世紀にメキシコからスペインにもたらされて以来、長い間をかけて品種改良が行われて、
多種多様な、花色、花容の品種が作り出されてきた。
アメリカ・ダリア・ソサエティはダリアの花容を16に分類されているそうです。

だから、それはもう色々な形も種類もあるわけです。
英語にblue dahliaということばがあるが、青と緑と縹色はない。

ナポレオン1世の妃ジョゼフィーヌも愛したダリアの花。
珍しい品種を栽培し、宮廷中で自慢していたそうです。

かのジョセフィーヌも手にできなかった緑のダリアを
21世紀に翡翠にカービングで。
ちょっとロマンティックじゃありませんか?

もうすぐ発表の“幻の緑ダリア”↓

Facebookコメントはこちら

ベーネベーネの人気記事