BeneBene's Contens

銀座サロン発ジュエリー工房ベーネベーネの楽しいジュエリーライフ

NEWS




【超稀少石】グランディディエライト入荷いたしました。|ベーネベーネ

グランディディエライトとは

グランディディエライトは、エメレージバイト、ベニトアイト、ターフェアイトとともに世界のトップ10に入る超稀少石です。
世界で3番目に高価な宝石とも言われています。

1902年、マダガスカルで最初に発見されたものの、宝石品質のものは発見されず、
2000年にスリランカで、わずか0.85キャラットの透明な宝石品質の結晶が発見され、
2014年5月にようやく最初の発見地マダガスカル南部海岸、アンドラホマナで極めて純度の高いグランディディエライトが発見されたという、非常に新しい宝石です。

2014年5月から2016年3月までに得られたグランディディエライト原石は、わずか800kg。
このうち、透明な部分は60g、それから30個ほどのルースがカットされましたが、1カラットを超える大きさは10個未満です。
なんという希少性でしょう。

超稀少なグランディディエライト、入手のチャンスをお見逃しなく!

そんな超稀少石であるグランディディエライトをベーネは2017年初めに入手し、
以降ルースやジュエリーでご紹介しているのですが、
超稀少な上に、なんとも言い表せないグリーンブルーの美しさに魅了される方は多く、
毎回すぐに完売してしまいます。

ご要望をいただくことも多々あるのですが、やはりいつでも手に入るという代物ではないので、
グランディディエライト、欲しかった~!という方はぜひこの機会をお見逃しなく。

今回入荷したグランディディエライトはこの2ピース

まずは画像左側。
非常に珍しい四角のグランディディエライト。
このカットは、ラウンドやオーバルに比べ、ルースの内側が正面からも見えやすいので、
ルースそのものの持つ透明感が非常に重要になってきます。
誤魔化しのきかないこのカットでこの透明感。
爽やかなグリーンブルーがパキッと面ごとに様子を変え、時にクリアに時には深く趣のある雰囲気を見せます。
サイズ:3.8×3.8×2.5mm
重量:0.26ct
価格:¥42,000(税別)

画像右側
キラキラとした輝きが美しいラウンドカットのルース。
裏側から見ても細かいファセットが施されていて、全体的に美しいシェイプです。
先ほどの四角いルースと比べると少し明るい色味。
グランディディエライトらしいグリーンの雰囲気もありつつ、ネオン感のあるブルーを感じる鮮やかなルースです。
サイズ:3.8×3.8×2.7mm
重量:0.22ct
価格:¥36,000(税別)

現在ベーネ銀座サロンで実物をご覧いただけます。
今この時代でなければ出会うことの出来なかったルース、ぜひご覧にいらしてください。

グランディディエライトについてもっと詳しく知りたい方はこちら
→21世紀の今、地上に現れた【超稀少石】グランディディエライトってどんな宝石?

(ベーネ銀座サロン 二宮)

次回イベント

 

月に1度のチャンス!
「御徒町ルース販売会」

今回は9月に香港で買い付けて来たばかりのルースもご覧いただけます。

詳細はこちら

Facebookコメントはこちら

ベーネベーネの人気記事