BeneBene's Contens

銀座サロン発ジュエリー工房ベーネベーネの楽しいジュエリーライフ

稀少石から選ぶ




宝石言葉は長寿、健康、徳。翡翠

翡翠は東洋人にとってはダイヤよりも金よりも価値のあるまた意味もある宝物であると思います。
ダイヤは硬いが割れやすい性格を持ちまた金は希少性という点で劣ります。
翡翠はすべての鉱物の中で最も割れにくい性質(靭性)を持っている為宝石の中でも特に珍重されてきました。

古来中国では翡翠は玉という名で親しまれていました。
不老不死および生命の再生をもたらす力を持つと信じられており遺体には必ず翡翠の指輪、勾玉等が添えられ葬られてきました。
「翡翠」は中国では元々カワセミを指す言葉でしたが、時が経つと翡翠が宝石の玉も指すようになりました。
翡翠のうち白地に緑色と緋色が混じる石はとりわけ美しく、カワセミの羽の色に例えられ翡翠玉と名づけられたといいます。
この「翡翠玉」がいつしか「玉」全体をさす名前になったのではないかと考えられています。

清楚な白地に上質で鮮やかなアップルグリーンがとろりととろける、気品にあふれたコラボレーションは実に見事です。
台北故宮博物院にある有名な白菜の彫刻は特に歴史的にもまた見栄えも素晴らしい。
日本では翡翠は深緑の宝石という印象を持つ人が多いのですが、その他にも、半透明、白、桃、薄紫(ラベンダー)、
青、黒、黄、橙、赤橙といった様々な色があり、大きく分けて、15色程度と言われています。
その中でも琅カンという名で呼ばれている亜透明の深い緑色は最高級品として珍重されていています。

元々琅カンは中国語で青々とした美しい竹を意味し、英語ではインペリアルジェイドと呼ばれています。
これは西太后が熱狂的な収集家であったことに由来するとされています。
(カンが変換されないのですが、王へんに干という漢字です。)

まるで最高級のエメラルドが炉のなかで溶けて流れ出て固まったかのような亜透明のアップルグリーンは、他にはたとえようもないほど人々の目を引き付けます。
当社が扱っている琅カンタイプの翡翠は長年取引のある馬さんがとりわけこだわりを持って集めてもらった逸品です。
その深い緑の奥にある地球が何億年もかけて創造してきて歴史の深さを感じ取れます。
その輝きは何物にも替え難い。

鉱物学的には翡翠は輝石族の一つとされます。
輝く石という名のグループとは偶然とは言い難いものです。ロマンです。
良く誤解される軟玉(ネフライト)は輝石族では無く、翡翠の硬玉という名前で区別されます。
化学的に純粋なヒスイ輝石の結晶は無色ですが、翡翠は細かな結晶の集まりのため白色となります。
鮮やかな緑のものはクロムが混入した事が原因。
緑の次に人気の高い「ラベンダー翡翠」はチタンや鉄が原因。

市場には染色をされた商品が出回っていますが、商業的には無処理のものがA,含侵処理されたものがB,
染色はCジェードと区別されます。
当社はAジェードしか扱っていません。

産地としてはミャンマーが代表的で日本では新潟の糸魚川翡翠が有名です。
私も糸魚川の海に行って5時間もかけてすごいのを拾ってきました。
あと誤解されていますが、中国では硬玉は産出されておらず、ほとんどがミャンマーから運ばれてきたものです。
翡翠は5月の誕生石にエメラルドとともに数えられています。
宝石言葉は「長寿、健康、徳」。

 

作成 水村勝

ちょっと聞いてみよう!

\ あ、この子、どツボかも。。。/

ルースを探そうと思った時に
「ちょっと聞いてみよう!」と思えるところ。(Y.Yさん)

 

→【ルース販売会】常連さんのインタビューを読んでみる←

Facebookコメントはこちら

☆注目☆

高品質宝石をご紹介し続けるベーネ発 【世界初】発酵熟成美容液で宝石肌に

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

毎月開催イベント – 御徒町ルース販売会

月に1度のチャンス!
「御徒町ルース販売会」

石が好きな方は必見です。

詳細はこちら

ベーネベーネの人気記事