BeneBene's Contens

銀座サロン発ジュエリー工房ベーネベーネの楽しいジュエリーライフ

バイヤーズ日記




サクラ色の湖水真珠

【バイヤー:店長内藤】

今まで、私はデザイン、企画担当だと言うこともあって、ルースのバイイングには出かけたことがありませんでした。 バイヤーが準備してくれた逸材に鳥肌の立つような感動を感じながらデザインしていくといった感じ。

けれど、セデューストの店長を受けたことをきっかけに、私の心をとらえて放さない真珠を、ちょっと本格的に学んでみよう!とむくむくと闘志がわいてくる。

だから、パールのそれぞれの専門家、それも、マベ、南洋、淡水、あこやの世界で、超マニアック!といわれているバイヤーの師匠を、訪ねることになりました。

先日、私の友人でもある湖水パールのバイヤーYさんを訪ねました。
彼女の扱う淡水パールはただものではありません。

Yさん、きっぱりと

<私が扱うのは湖水だけよ♪>

湖水と淡水の違い!それは、圧倒的な美への執着心が選び出すたぐいまれな発色と輝き。

その湖水のクオリティーは、ここでは実名は避けなくてはならないけれど、みんなが、誰でも知っている世界トップジュエラーのために準備するパール。 びっくりどころか、一生手にできないだろうな~という金額で銀座のショップに飾られている、世界のセレブの胸元を飾る湖水パール。

何でも2トントラック満載の淡水の中から、ほんの一握りしか出現しないという、この無核の、真珠層だけでできあがっているパールの息をのむ美しさ。

ちょうど、その場に日本でもトップパールブランドのバイヤーが私と同時にその席にいらっしゃったのですが、

<Yさん、こんなに美しい淡水、見たことないですよ。
本当に、よくぞ、ここまで集めらますね>と、うなっている。

その横で、そうなんだ、やっぱりすごいんだ~~~と関心しきりの私の目に飛び込んできたある一色。
パープルの、湖水の中でも、もっとも稀少と言われているパープルカラーの中に、なんだか特別に私の心を釘付けにする発色の一粒が輝いている。

私は、すかさずそのロットを自分の前に移動させ、無言でピックアップした数ピース。

<桜色だよ、これ!!!!>

もう頭に血が上り、手に汗がじんわりとにじみます。

<内藤さん、見つけましたね、すごいでしょう、これ>とYさん。

<淡水の中でも、なかなか出現しない、とっても稀少なカラーだから、私も出会ったとき、自分用に買いためちゃうんです!>と。

ぎらりと輝く湖水特有の煌めきが桜色、ピンクカラーで発色しているのです。

この幸運をなんと言えばいいのでしょう。
確かに桜の季節ではなくて、夏間最中を迎えようとしている今、桜カラーに出会えるなんて、それもたまたま偶然、今日、ここに来たから目に止まった、多くのルースの中からほんのわずかな数だけ見選ぶことのできた私の眼力に、(私ってもしかしてバイヤーの素質あったりして)などと思わせてしまう幸運ぶり。

店長就任のご祝儀が天から舞い込んできた感じ。

この数ピース、どんなデザインにしたらいいんだろう。 ピンクゴールドと合わせたらどうなる、アンティークデザインに組み込んだらどうなの!!!

あ~~幸せ!!

バイイングには、こんな偶然がもたらせてくれるチャンスがあるんですね。
そうやって世界で最も稀少で美しいルースが手に入っていくのですね。

ちなみにYさんに、

<このカラー、あと数ピースでいいから集められない?> と、リクエストすると...

<内藤さん、インパッシブル!不可能です!>

ほ~~、幸運です。

Facebookコメントはこちら

☆注目☆

高品質宝石をご紹介し続けるベーネ発 【世界初】発酵熟成美容液で宝石肌に

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

毎月開催イベント – 御徒町ルース販売会

月に1度のチャンス!
「御徒町ルース販売会」

石が好きな方は必見です。

詳細はこちら

ベーネベーネの人気記事