BeneBene's Contens

銀座サロン発ジュエリー工房ベーネベーネの楽しいジュエリーライフ

ジュエリー製作例を見てみる




【随時更新】【フルオーダー製作例】ピアス・イヤリング。世界でたった一つ自分の心に、身体にぴったりと寄り添う理想のジュエリー叶えます|ベーネベーネ

あなたの心に描くジュエリーを、そのまま形にする。

%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%94%e3%82%a2%e3%82%b9%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%a7%e4%b8%80%e3%81%a4

贅沢なことはわかっている。
けれど、その贅沢が、自分の心をどれほどまでに豊かに、強くしてくれるものなのか。
どれほどまでに、自分を高め、安心させてくれるものなのか。

例えば、心にずっと大切にしまわれていたジュエリーのイメージ。
それが、煌く宝石と共に、自分自身の肌にぴったりと寄り添う形になる。

例えば、探していたデザインに近いものはあるのだけれど、なんだかちょっとだけ我慢をしなくてはならなくて、いつも少しの 妥協をしていた。

自分自身の内側にしまわれていた価値観がジュエリーという形となって目の前に現れる。
いとおしく、丁寧に、大切に、長く使って生きたいと心から感じる。
それがフルオーダージュエリーの魅力。
あなたの心の中にしまわれたさ大切な自分らしさをジュエリーで表現する、そんなわがままが素敵!


2.【フルオーダージュエリー ピアス】テーマは「ハートクラッシュ」。自分にとってマストな発色でテンションがあがるピアス。

大好きなモーブピンクがキーカラーのK様。
このキラキラきらめくスピネルに一目惚れで、このルースをこれまた好きなハートにするべくピアスをお作りしました!
テーマは「ハートラッシュ」。

すらりと動きのあるハートにモーブピンクと鮮やかさのあるホットピンクのスピネル、そこにイエローサファイアをセットしたのがポイント。そして石枠のひとつひとつにもハートの透かし模様をあしらう・・・

毎回のことですがK様の「これ、好き」が目一杯詰まったピアス。仕上がったピアスを見て、K様はこんな小花柄のお洋服、着ていたような気がする・・・なんて思いを馳せる瞬間。
ジュエリーは、自分が着けててテンションが上がる、自由なものなんだ!って、毎回ワクワクしながら作らせていただいてます♪

ジュエリーコンシェルジュ 渡邉

 

%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%94%e3%82%a2%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%a7%e4%b8%80%e3%81%a41.【フルオーダージュエリー イヤリング】
お手持ちのヴァイオレットサファイアの色目に合わせてルース(宝石)をセレクト。セットで使えるジュエリーは華やかさときちんと感を大切にする世代に必需。

F様は、非常に希少な発色のルース(宝石)を好まれ、そのルース(宝石)の色味を最大に生かしたデザインをご要望になります。
お手持ちの美しくヴィヴィッドな発色のパープルサファイアリングに合わせたイヤリングをお探しでしたが、なかなか色目の合う宝石が見つからなかったとのこと。
そこで、そのパープルサファイアの色目を同じサファイアで探すのではなく、色目でセレクトしてみては、というお話になりました。
カラーストーンは、微細なカラーの差異があり、なかなか同色に合わせることが難しいのですが、サロンに到着したパープルガーネットが色味もぴったり。
F様がお選びになったパープルガーネットは、精緻なカットが正確に施されているもので、サファイアの強い輝きに決して引けを取らないクオリティー。
改めて、宝石は優れたカットが、そのきらめき、輝きを握るのだと痛感しました。

デザインポイント1
パープルガーネットの内側に持つ発色と共通の色を持つもう一つの宝石を添え、きちんと感に華やかさをプラスする。

このパープルガーネットに合わせたのが非加熱のパープルスピネル。
5ミリサイズの非加熱パープルサファイアは、その内側に、F様が選ばれたパープルガーネットの持つパープルの発色を持ちます。
さらに、この2ピースの非加熱スピネルは、なんとも精緻なカットが施され、強くぎらりぎらりと輝きます。
この2つのルース(宝石)を合わせることで、きちんと感だけではなく、華やかさが加わり、さらに、様々な明るさ(室内、室外、時間によって変わる光の加減)の中で、微細に色が変わり、なんともエキゾチック。
日中の明るさや、照明の強い室内では見えにくくなる内側に潜んだ発色が、照明が落ちた明かりの元では際立ってきます。
それぞれのルース(宝石)の、そこに内在する発色を見極め、デザインすると、なんともロマンティックなジュエリーになります。

デザインポイント2
ルース(宝石)のキューレットの位置、高さを合わせ、ルース(宝石)にぴったりと寄り添うように地金を配する。

2つの宝石、パープルガーネットとパープルスピネルは、サイズも違い、もちろんルース(宝石)の立ちという高さも違います。
美しくイヤリングとしてお使いいただかうために、ルースの上面をそろえてしまうのではなく、ルース(宝石)の底部、キューレットの位置を合わせ、加工を施します。
このわずかな高さの違いを作ることで、それぞれのルース(宝石)の発色が際立ち、輝きにリズム感が出てきます。
このイヤリングは、上面を揃えてしまうと平坦な印象が強くなり、きちんとしずぎで華やかが足りない感じに。
わずか数ミリの高さバランスは、そのジュエリーの輝きを倍増させます。
(ベーネ銀座サロンオーナー 内藤千恵)
*このジュエリーに関するお問い合わせは下記へどうぞ。
03-5565-0750
info@bene-bene.com

 

 

 

 

 

Facebookコメントはこちら

ベーネベーネの人気記事