BeneBene's Contens

銀座サロン発ジュエリー工房ベーネベーネの楽しいジュエリーライフ

ベーネ女子のこれが気になる!




二十四節気・節句を知って「春」を楽しむ

二十四節気・節句とは?

二十四節気とは1年を24の期間に分けたものです。

古代の中国で考案され、日本へと伝わった二十四節気。日本で最も古い歴史書である「日本書記」にも、二十四節気についての記述があります。

季節の移り変わりを肌で感じたり、旬の食材や草花を楽しんだり。四季がはっきりとした日本だからこそ、暮らしに深く根付いたのが二十四節気。

暮らしの知恵や、季節を楽しく、過ごしやすくするためのヒントにあふれています。

「春」を楽しむ二十四節気・節句

暦の上の春は、立春から立夏の前日までをさします。

厳しい寒さが過ぎて、徐々に暖かく、柔らかくなっていく日差しに心が浮き立つ春。ひな祭りやお花見など、春ならではのうららかな行事はとても楽しいものです。

二十四節気をはじめとする古来からの暦を知り、暮らしに取り入れていく事で、春の楽しみは更に広がっていくことでしょう。

 

二十四節気「立春」(りっしゅん)とは?

2月4日頃~雨水の前日まで

春分の前日である節分は冬と春を分ける節目の日です。

春分から暦の上では春となり、旧暦では立春が1年の始まりを意味していました。

まだまだ寒さが厳しい時期ですが、太陽の光からは春の一番最初の兆しが感じられるときがあり、暖かい地方では梅の花が咲き始めます。

立春になることは「寒明け」とか「春立つ」ともいいます。

春が立つと書いて立春。
「立」という字には「これから動き始める。」という意味があります。
春が始まり、動き始めるこの日は、開運を願うのにふさわしい日といえるでしょう。

立春大吉

厄除けとして古くから禅寺で行われてきた風習が「立春大吉」のお札です。

厄が来ないようにという願いを込めて、新しい一年の始まりである立春の早朝に禅寺の門前などに貼られます。

「立春大吉」の文字は左右対称で縁起が良く、表からも裏からも同じ文字になるので、このお札を貼ると一年間災難にあわないといわれています。

昔、鬼が門をくぐろうとした時「立春大吉」のお札を見かけました。門をくぐって振り返ると同じ「立春大吉」のお札が見えます、鬼はまだ門をくぐっていないと勘違いして出て行ってしまったそうです。

地方によっては家庭でも「立春大吉」と書いた紙を柱などに貼っておくことで、一年の無病息災を祈ることがあります。

財布の新調

風水でも1年の始まりである立春は、新しいことを始めるのに最も適した日といわれています。
新しい財布を買ったり、使い始めるのには立春がおすすめです。

立春の時季、春にに財布を買うと「張る財布」といってお金がたくさん入ってくるといわれます。

 

二十四節気「雨水」(うすい)とは?

2月19日頃~啓蟄の前日まで

雪が雨へと変わり、氷や降り積もった雪が溶けて水となるという時季が雨水です。

春先に降る雨は、暖かい季節の到来を告げる恵みの雨。雪の下では草木が芽を出し始め、雪解け水の流れる音に春の気配を感じます。

春一番が吹いて、少しずつ春が感じられてくるのもこの頃です。
とはいえ、本格的な春の訪れにはまだ遠く、三寒四温を繰り返しながら、春に向かっていきます。

桃の節句

雨水の日(2月19日頃)に雛人形を飾ると良縁に恵まれるといわれています。

雪解け水が川に流れ始める雨水、水は古来より命の源であり、母神とされてきました。生命の源である水の神にあやかって、雨水に雛人形を飾ると良縁に恵まれるという説があります。

ひな祭りの風習の起源は平安時代、自分の代わりに厄災を引き受けさせた紙の人形を川に流していたことが始まりといわれています。それがやがて雛人形を飾り、祝うようになっていきました。

かつては貴族階級だけでの風習でしたが、江戸時代には市井へと広まり女の子の健康祈願の行事として定着していったのです。現在のようにひな壇に雛人形を飾るようになったのは江戸時代からだそうです。

早めにしまうのが良いとされる雛人形ですが、雨の日にしまうと湿気も一緒に閉じ込めてしまうのでカビの原因になってしまいます。人形のためには晴れの日にしまうことが重要だそう。一番良い日取りは啓蟄の日(3月6日頃)と言われていますが、特に由来は無いようです。

 

二十四節気「啓蟄」(けいちつ)とは?

3月6日頃~春分の前日まで

「啓」は、「ひらく」という意味、「蟄」は、虫などが土中に隠れるという意味です。
啓蟄は冬ごもりをしていた虫などが、暖かさに誘われて顔を出すことを表しています。

ひと雨ごとに暖かくなり、日差しも春めいて来るのがこの時季です。

立春が過ぎて最初の雷のことを「春雷」または「虫出しの雷(むしいだしのらい)」といい、雷に驚く虫たちに春の訪れを告げるのです。虫出しの雷は春の到来を告げる、めでたいものと考えられています。

 

木の芽時(このめどき)

寒暖差が激しくなる3月~4月にかけては「木の芽時」と呼ばれます。古くから体調不良になりやすい時期として、身体の変化に気をつけ、養生してきたといいます。

この時期に身体を整えるために、日本人は古くから春の山菜をいち早く摘んでいただいてきました。

フキノトウ、蕨、ゼンマイ、タラの芽などは解毒になるといいます。旬の食材を取り入れて、寒暖差によるストレスに負けない身体を手に入れたいものです。

二十四節気「春分」(しゅんぶん)とは?

3月21日頃~清明の前日まで

昼夜の長さがほぼ同じになる日が春分です。春分以降は昼が長くなるため寒さが和らいでいきます。

彼岸を迎えるこの時期に寒さに目処がつくため、「暑さ寒さも彼岸まで」というようになりました。

春の彼岸

春分の日は彼岸の中日です。春分を挟んで前後3日を合わせた7日間を春彼岸といい、先祖のお墓参りをする習慣があります。

春分と秋分の日には太陽が真東から昇って真西に沈みます。仏教では仏様の世界を「彼岸」といい、私たちがいる煩悩に満ちた世界を「此岸」(しがん)といいますが、太陽が真東から昇って真西に沈む秋分と春分は、西にある彼岸と此岸がもっとも通じやすくなると考えられています。

そのため彼岸にお墓参りをして先祖供養をするようになったそうです。

春分は先祖に感謝をし、自分のルーツに思いを馳せながら、心穏やかに過ごしたいものです。

二十四節気「清明」(せいめい)とは?

4月5日頃~穀雨の前日まで

清明は「清浄明潔」の略で、全てのものが清らかで生き生きとしている頃という意味です。

空は青く、たくさんの花が見頃を迎え、春らしさを一番感じる季節です。

清明風とは南東から吹いてくる暖かい風の事です。冷たい北風が終わりをつげて、春の空気が満ち溢れます。お花見シーズンの到来です。

花見

桜に代表される花を愛でながら、春の訪れを寿ぐ古来からの習慣が花見。花見弁当をいただき、桜を眺めながらの花見酒は風流なものです。

平安時代の貴族達は桜を愛でながら歌を詠み、花見の宴を開いて楽しんでいました。この頃から花見といえば桜が連想されるようになったようです。開花からわずか2週間足らずで散ってしまう桜は、世の無情、人の命の儚さにも喩えられてきました。

花見は豊作祈願の神事として、農民達の間でも古くから行われてきました。桜は田の神様が宿る木とされ、桜が咲くことは田の神様が山から下りてきて、田植えの時期を知らせてくれるものと考えられていました。

二十四節気「穀雨」(こくう)とは

4月20日頃~立夏の前日まで

穀雨とは春の雨が農産物を潤すという意味で、春の一番最後の節気です。穀雨を過ぎると少しづつ雨が増え始め、田畑は種まきの時期を迎えます。

変わりやすい春の天気もだんだんと安定してきて、日差しも徐々に強まっていきます。

この時期に降る雨は、百穀を潤し芽を出させる恵みの雨として、 「百穀春雨」といわれています。

穀雨に種蒔きをすると、雨に恵まれて植物が良く育つといわれています。ガーデニングを始めて見るなら穀雨を選ぶと良さそうです。

八十八夜

立春から数えて88日め。穀雨の終わり頃に迎えるのが八十八夜(5月2日頃)。この日に摘んだ新茶は不老長寿の縁起物として古来より珍重されています。

この日は古くから、本格的に一年の農作業をスタートさせる吉日であり、「八十八」を組みあわせると「米」になることから、豊作の縁起担ぎになっていたようです。
八十八夜が過ぎると、暦の上では夏の訪れです。

(デザイナー 本橋)

味覚は知識。日本の美しい四季<24節気>を旬の食事ともに過ごす暮らし歳時記。春<立春。雨水。啓蟄。春分。清明。穀雨>

Facebookコメントはこちら

☆注目☆

高品質宝石をご紹介し続けるベーネ発 【世界初】発酵熟成美容液で宝石肌に

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

毎月開催イベント – 御徒町ルース販売会

月に1度のチャンス!
「御徒町ルース販売会」

石が好きな方は必見です。

詳細はこちら

ベーネベーネの人気記事