BeneBene's Contens

銀座サロン発ジュエリー工房ベーネベーネの楽しいジュエリーライフ

ジュエリーの選び方




いまさら何を着けたらいいのかわからない人へ。一粒の真珠、一粒のダイヤ、一粒のカラーストーン

着けなきゃ地味だし、かといって派手にはなりたくない。
ジュエリーを着け慣れない人にとって、なかなかあんばいが難しいジュエリー使い。
でもジュエリーは着けているだけできちんと感が増す、大人こそ着けたいアイテムです。

そこで、ジュエリーに興味はあるけれど、いったい何から買ったらいいかわからない大人の方へ。
もしくは今からちょっとずつ何かのきっかけで揃えようという方へ。

一粒の真珠、一粒のダイヤ、一粒のカラーストーン。まずはこの3つを揃えることをおすすめします。

大事なことは「すべて一粒である」ということ。
ただそれだけ。

アイテムをバランス良く揃えていきたいなら、
一粒の真珠ピアス、一粒のダイヤペンダント、一粒のカラーストーンリングにするといいと思います。

ただし、真珠、ダイヤ、カラーストーンをどんなアイテムで揃えていくか、何が使いやすいかは自分のスタイルにもよります(ピアスは、しないとかね)

 

私は、パールはピアスもしくはイヤリング、ダイヤはペンダント、カラーストーンはリングで、と揃えていくとよいと思います。
ピアス、ペンダント、リングと着けるアイテムが重ならないように揃えていくと、3つ揃ったときにどれとどれを組み合わせてもコーディネートできるのです。
そんな使い勝手のことも考えると、アイテムが重ならないように揃えていくほうがいいと思います。

 

 

一粒の真珠(パール)ピアスを選ぶなら?

とはいえ、真珠のピアスというものだけで、まぁいろいろあるわけです。真珠は、あこややら南洋やら淡水やら、種類がいろいろありますからね。そこで、失敗しないポイントをひとつひとつおさえてみます。

①色

まず、色。
色は白、もしくはクリーム色など白に近い色がいいです。

これはピアス、イヤリングという耳まわりのアイテムを選んでいることにも関係しています。
パールを選ぶことでやわらかで女らしい雰囲気を、そこに白を選ぶことで顔色を明るく。
顔に近い耳まわりのアイテムは、その人の第一印象を大きく左右します。
白を選ぶことでレフ板のような印象映えをねらいましょう。

②形

そして、形。

真珠の形にもいろいろありますが、
しっかりラウンドか、バロックと呼ばれるナチュラルな形を選びましょう。どちらの形を選ぶかは、普段のスタイルで決めるとよいでしょう。

たとえば、いつもきちんとめでジャケット着用なシーンが多い人は、ナチュラルな形のバロックタイプを。
カジュアルな傾向が強い人は、しっかりラウンドタイプを選ぶとよいと思います。
オフィススタイルは、少し抜け感がでますし、カジュアルにはきちんと感がでてきます。

③大きさ

最後に大きさ。
年齢が30を過ぎて選ぶなら7mm以上の大きさを選びましょう。
冠婚葬祭だけでなく、どんな装いも受けとめられるサイズ感が大人の女性には必要です。

 

④種類

迷ったら、あこや真珠か南洋真珠がおすすめです。
ただ、あこや真珠は最大でも10mmあたりの大きさが最大なので、1mm違うとお値段も結構変わります。

 

 

 

ダイヤモンドが一粒ついたペンダントを選ぶなら?

ダイヤモンドの一粒ネックレスはジュエリーブランドであれば、出していないブランドがないと言っても過言ではない定番中の定番のアイテムです。
もちろん、ここでも大事なことは一粒であること。です。

①デザイン

デザインが一粒ということを邪魔しないシンプルなものであることは重要なポイントです。
ダイヤを留めている爪の本数や留め方は、好みでいいと思います。

②大きさ

大きさは0.3ct以上を選びましょう。
あまり小さいものを選ぶと、結局、年齢を重ねてから物足りなくなって使わなくなってしまうことが多いからです。

③クオリティ

そして、ダイヤのクオリティについて。
0.1ct以上のダイヤについては一般的に4Cという品質の統一基準があります。色、透明度、重さ、カットのクオリティです。

この中で優先したいことは、色とカットです。
まず色。
無色透明なものほどD、イエローになるほどZというカラー表示になりますが、なるべく無色透明と感じられるグレードを選びましょう。一般的にはHカラー前後からDまで無色透明と認識できます。

色を優先して選びたいわけとは何か?
それは色(color)が無色透明か、そうでないかは、ジュエリーに詳しくない人でも分かってしまうからです。
最近はカラーダイヤも人気ですが、ファーストダイヤモンドは無色透明に近いものが洋服にも合わせやすく、使いやすいです。

 

そしてカットの良さは、ダイヤの輝きに直接関係します。
カットが良ければ、ダイヤのなかできちんと光が反射するので、輝きもいいものになります。
なるべくHカラー以上の無色透明に近い色、カットのクオリティがgood以上のものを選びましょう。
ダイヤモンド評価基準 4C 重視すべきポイントとは?

④地金(金属)の色

そして、ダイヤが留まる金種について。
イエローゴールド、プラチナもしくはホワイトゴールドのどちらかを選びましょう。

肌の色が白い人はプラチナやホワイトゴールドが映えます。色黒な人はイエローゴールド。オフィススタイルにはプラチナやホワイトゴールドがおすすめです。シックに品良くまとまります。

 

 

 

カラーストーンが一粒ついたリングを選ぶなら?

最後に、カラーストーンを一粒。

日本の女性は黒やグレー、ベージュなどシックな色を好む傾向にあります。
だからカラーストーンをジュエリーで、となると派手になるのでは?と不安になる人も多いでしょう。

でも、ジュエリーって、大きくても2cm四方くらいのものです。バッグより靴よりもっともっと小さい。
だから一粒、ということをきっちり守れば、誰でもおしゃれに着けられます。

カラーストーンはこれまた形も、色も、大きさも、さまざまあるのです。宝石とされているものでも150種類くらいあります。
なので、できる限りポイントをお話しますね。

①形

形はオーバルカットをおすすめします。
なぜって、どんなタイプの指にも似合うから。

丸みがあって、でも真円ではない、そのやわらかなニュアンス。ラウンドカットよりもずっとなじみやすく、着けやすい。
オーバルカットはカラーストーンの中でも一番多いカットでもあります。

②色

宝石に詳しくなくていいので、自分がとても好きな色のカラーストーンを選んでみてください。

“自分がとても好きな色である”こと。これ、今回リングというアイテムを選んでいるので大事なポイントです。

ペンダントやピアスと違い、リングは自分で直接見ることができるアイテムです。自然と視界に入ってくることも多い。
だからその視界の中には「絶対に好き」なものを置いておく。
単純なことかもしれないけど、それってやっぱり気分がアガるんですよ。
自分にしかわからないHappy、それは確実に気持ちをあげてくれます。

そうはいっても色が選べないという人は、
ブルーのサファイアや、トパーズの中でも濃いブルーをもつロンドンブルートパーズ、アイオライトなど濃い青が使いやすくておすすめです。
洋服のベーシックカラーのひとつでもある「紺」と同じ感覚で使えますよ。

または、自分の誕生石や星座石で選んでみるのもよいかもしれません。
誕生石や星座石はお守り感覚で持つことも出来ますし、愛着が沸きやすいでしょう。

 

③大きさ

4x3mm以上から選びましょう。
大きい分には印象を強めるのでおすすめですがTPOを選びましょう。

ここで注意したいことは、ダイヤモンドのサイズを選ぶような感覚はいったん脇に置いておくことです。
いつもより少しだけ「遊び心」を持ってください。

 

いかがでしたか?
まずは一粒の真珠、一粒のダイヤ、一粒のカラーストーンから揃えてみてください。おそらくあなたのいままでのスタイルに、違和感なくすんなりと溶け込んでいくアイテムだと思います。

これらのジュエリーのスタイリングは、よくファッション誌にも登場しているので参考にしてみてくださいね。

 

◆一粒の真珠、一粒のダイヤ、一粒のカラーストーンのうち、
まずは、どれから選んだらいい?か分からない方は→こちらご覧ください。
最初に選ぶのならダイヤモンドがおすすめです。その理由。

 

ジュエリーコンシェルジュ
渡邉

8周年記念「フルオーダージュエリー15%off&アミュレットカラーの宝石プレゼント」

2020年4月、ベーネ銀座サロンは8周年を迎えます。
感謝の気持ちを込めて、4月末まで
ジュエリーのフルオーダー を15%オフで承らせていただきます。

さらに、スペシャルなサービスとして、あなたのアミュレット(お守り)となる色の宝石を1つ、
フルオーダーをしてくださったジュエリーのどこかに、プレゼントとしてセッティング。

オーダージュエリーならではの愉しみ、世界で一つを手に入れる心の贅沢、ぜひこの機会に感じてください。

当面の間、混雑回避のため、ベーネ銀座サロンへのご来店は予約制とさせていただいております。
メールでのご相談、ご注文も承っております。

詳細はこちらから→https://bene-bene.net/?p=23301

Facebookコメントはこちら

☆注目☆

高品質宝石をご紹介し続けるベーネ発 【世界初】発酵熟成美容液で宝石肌に

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

毎月開催イベント – 御徒町ルース販売会

月に1度のチャンス!
「御徒町ルース販売会」

石が好きな方は必見です。

詳細はこちら

ベーネベーネの人気記事