BeneBene's Contens

銀座サロン発ジュエリー工房ベーネベーネの楽しいジュエリーライフ

この人に聞く!




<人としても、女性としても、仕事でもロングセラーであるために。> waco styling代表 橋本ワコさんに聞く

青:ベーネ銀座サロンオーナー 内藤千恵
黒:waco styling代表 橋本ワコ

ワコさんと初めてお会いしたのは、私がショップチャンネル出演で、ヘアメイクをお願いしたことがきっかけ。
かれこれ10年のお付き合い。
その10年間に、ワコさんはぐんぐん仕事の幅を広げていかれました。
そして46歳でトライアスロンデビュー!
もう、びっくり華麗!
小さくて細いワコさんの体の中に充満するエネルギーは、なんとも爽やかで。
そして、なんと今日も珠玉の言葉連打!

■50代の品格あり!ファストファッションにジュエリーをあわせる。

先週の土曜日19時ごろ、内藤さん、歌舞伎座前のあたりを白のブラウス、パンツで小走りしていませんでしたか?

_______ してたしてた!待ち合わせに遅れそうで、歌舞伎座向かいの路地を急ぎ足!。

私ね、あっ、内藤さんじゃないかと思ったんですよ。反対側でお見かけして。
銀座って、白のパンツ、ブラウスで<私、時間大切に使ってますけど!>みたいな颯爽オーラの女性がいるんだなと。
やっぱり銀座ってすごいなて見ていたら、あれっ、内藤さん!?って。

_______ あら、どこで誰に会うかわからないよね~~。大丈夫だった?
あの白のパンツとブラウス、ファストファッションのCOSだったのよ。

(ワコさんが私を見かけたときのスタイリングを再現してみました。)

そうなんですね。内藤さん、ファストファッション着るんですね。

_______ 私、ワンシーズン限りのトレンドはファストファッションで買うの。
でも、ジュエリーはたっぷり♪
特に真珠はファストファッションには欠かせないな~。

さすがです。そうなんです。
ジュエリーがあることで品とか格が出てくるんですね。

_______ 今日、私がしている真珠のネックレスは、普通の定番の白の40センチのネックレスだったんですけれど、
途中に違う色の真珠やパーツを入れてリフォームして、長さも52センチくらいにしたのね。
そうしたら、途端に胸周りがすっきり見える。
いろいろな洋服に合わせられる自由度が格段に広がって。
ファストファッションでトレンド感も出せるようになったの。

(ワコさんおすすめエンフォルド。このスタイル、好きだな。50代を格好良く見せてくれる)

特に50代以上になると、ファストファッションを着られない体型の方も増えてきて。
そういう方は、若干モード系のエンフォルドとかを着るとカッコよくて。
でも、エンフォルドだけではカッコよくなくて、そこにジュエリーを加えるとマダムの貫禄とか、素敵さとか、あの人どこの服きているんだろうと、全然違うものになってくると思っているので、私は、できる人は、50代以降の人はモードにしてもらって、ジュエリーは本物を合わせていただけたらなと、ご紹介するようにしているんです。

(ショッピング同行で。お客様が試着室から出て来たとき、ワコサロンに来て来てくださってありがとう!と心から思う。)

■スマートさが大切。そのためには断捨離。

先日、お客様のワードローブチェックに伺ったんですね。
やっぱり、洋服は10年くらいの月日が経つと、どうしても古くなってしまって、着れないものも増えてくる。
けれど、私がそのワードローブチェックで、絶対に残した方がよいと思ったのはジュエリーだったんですね。

本物のジュエリーはやっぱり輝きを放っているんですね。
これはジュエリーのすごいところだなって。

洋服の断捨離で余分なものを取り払ってもらって、似合うもの着てもらって、ジュエリーを付けるだけで全然違うんです。
ご本人も同じ服とは思えないっておっしゃって。

_______ 断捨離すると、残ったものは、断捨離前と同じものでも違って見える。
それって、見方が変わったんですね。
ワードローブチェックって、なにか私たちのライフスタイルそのものみたい。
手放さないと、新しいことやモノって、入ってこない感じ。

和子ちゃんて、トライアスロンする方、ミニレディ、ストロベリーサイズの方のスタイリング、メイクアップアドバイスをしていらっしゃるじゃない。
すごくニッチだと思ったの。
世の中、ファッション業界って、モデルの人も大きくって、背の高いひとに照準があっているというか。
その中で、ニッチな分野を選んでいるでしょう?

(新宿伊勢丹 ストロベリーショップ)

私、<親愛なるミニレディ>というブログを書いていたんですが、それを伊勢丹の方が探してくださって、イベントのご提案をくださったんですね。
身長が小さくて細いという女性のためのスタイリング提案は、かなりニッチになっちゃうんです。
これで仕事になるのかなと、心配や不安もあったんですが、自分自身が、身長が小さいので。

(ワコさんは身長150センチ)

■いい気持でリリースして、実態を強化する!

これも実践。
これが実態で真実だと。
でも、ニッチな世界ですから、ミニレディ専門家という肩書をブログとかで出したら、お客様が来なくなっちゃうんじゃないかと恐怖を感じていたんですね。
手放すことの恐怖です。

でも手放したからこそ、ミニレディ、ストロベリーのスタイリストとしても、パーソナルスタイリストとしても、どうにかやってこれるようになりました。
やっぱり手放すことで、自分が本当に欲しいものが来るのかなと思いましたね。

_______ 手放すって本当に恐怖。
でも手放すと知恵が出るよね。
私も、テレビ通販から銀座サロン開設に移行したとき、本当に恐怖だったの。
量産物から1点ものという、真逆の方向に転換の決断をしたから。
お客様、来てくださるかしら。
この方法でいいのかなとか。
でも、手放すことがないと、新しいこと、入ってこないなって。
知恵が沸いてこないよね。

そう!だから、いらないもの、保留になっているものをいい気持ちでリリースしちゃう。
また、そういう、リリースしなければならない機会も突然やってくる。
その時は、リリースする機会をいただいたんだなと。
本当にいい気持でリリースしたいですよね。
リリースして、実態を強化する!

■自分がのめり込んだものを自分の言葉で表現できるっていうことが、説得力につながる。

(トライアスロンを始めたのは、実態の積み重なりが説得力になると感じているから。)

_______ ワコちゃん、トライアスロン始めたでしょう。
あれも実態強化?!

私、wako stylingと日本スポーツビューティ協会をしていて。
自分自身がきちんとやっていないで、スポーツビューティーってのも真実味がないじゃないですか。

それで、いつかはトライアスロンやろうとは思っていたんですが、お金がかかるんですね、トライアスロンって。
自転車買ったり、練習したり。
もちろんウエアも自転車、水着、マラソンと3種類だし、練習も三種類。
大会に出ようと思うと、自転車運ばなくてはならない。
でもね、やっぱり、自分でやっていないと、わからないことも多いし、やってみての発見もある。

_______ トライアスロンしているヘアメイクアップアーティストなんてワコさんしかいないんじゃないかしら。

芸能界の方やモデルさんでも、結構トライアスロンしている方、いらっしゃるんですよ。
道端ジェシカさんもやってらっしゃる。
そんな関係で、結構、トライアスロンの大会って、素敵な女子がいっぱいいらっしゃるんです。
そういう方々は、やっぱり綺麗で、目立つんですね。
メイクも上手にしている。
とても参考になるんです。
自分がトライアスロンやってきて、初めてわかることも多くて。
例えば、自転車は地面に顔が近づくので、道路の反射で焼けるんですね。
日常の日差しの中の日焼けとは違うんです。
特に焼ける場所とか、ケアを強くしとかなければならない箇所などもね。
そのためのケアの仕方があるとか。
水泳は、もちろん水の中を泳ぐので、メイクできないんですが、モデルさんたちは、きちんと眉を描いている。
自分で実験ができる感じです。

■人としてロングセラーでありたい。その秘訣は、自分がのめり込んだものを自分の言葉で表現し続けるということ。

_______ やっぱり、実態のない言葉は軽いよね。

それは、内藤さんにもともとあって、内藤さんのヘアメイクしているときに、なるほど~~と思っていたんです。
もともと番組の台本があるんだけれど、内藤さんは、それをよりお客様にわかりやすいように、自分の言葉に変えてお話になっている。
自分で納得して、自分で感じていることを、自分の言葉で、自分のこととして話していらっしゃる。

(ワコさんは、ショップチャンネルでは豊麗のゲストとして大活躍)

葉子先生もまさに一緒で、自分が思うように、自分で実験して、自分が納得した商品を作って、自分の言葉で話しているというところが、まさに一緒なんですね。
(葉子先生=株式会社ナノエッグ 代表取締役社長 50代女性から圧倒的に支持されている美容液【豊麗】の開発者)

_______初めて葉子ちゃんに会ったとき、共通の友人の新会社設立パーティーだったんだけれど、右頬の上にカットバンが貼ってあるの。
どうしたの?って聞いたら、<実験で肝斑取らせてって頼んだのに受けてくれる人がいないから自分のを採ったのよ>ってさらりと。
さすがだなと。
その潔さとあっけらかんとしたスマートさ!

ベストヒットを飛ばすようなその時の流行りじゃなくて、人としてのロングセラーであるということ、まさに内藤さん、葉子先生のお二人は私にとって、そういうことを教えてくれる人なんですね。
その時だけもてはやされても、遊ばれて終わる女みたいになっちゃうわけじゃないですか。

一同、大爆笑!

いつ会っても新鮮な何かを、言葉なり態度なりで提供してくれる大人の女性がいるっているのはすごいなって思って。

_______やだ~恥ずかしい。
でも、実態のないものって説得力がないと思って。
自分ものめり込めないよね。
自分がのめり込んだものを自分の言葉で表現できるっていうことが、説得力につながるのよね、きっと。

そういう先輩たちが私たちのモデルになるんですよね。
内藤さんとか、葉子先生は、まさに人としてロングセラーのモデルなんですね。

■人としてロングセラーの秘訣。それはさっぱりとした自然さ。

_______ワコさんにこんなに褒めていただいて、恥ずかしい上に調子に乗っちゃうんだけれど、先日インタビューさせていただいた脚本家、作詞家の葉山真理さんもそうなんです。
(ぜひ、真理さんのインタビューもお読みください。この下ページに添付してあります。)
なんとも穏やか。
葉子ちゃんも、真理さんも、もちろんワコさんも、とってもアクティブでアグレッシブなのに、とってもナチュラル。
激しさとか、なんていうのかしら、根性!みたいなものがないないの。

だれも威張ってないの。
がむしゃらなエネルギーじゃないの。
<自分が大切だなと感じていることを楽しんでるの>みたいな感じで。
それがたまらなく美しく感じるの。
本当にさっぱりと自然。

その時だけではないからですよね。
瞬発力発揮で、次の瞬間疲れちゃってるみたいなことではなくて。
さらさらっとしていて、それは日常よっていう自然感がある。
ぐだぐだ、くだくだと悩んでいる時間なんてありません的なさっぱり感。

_______50代になって、気持ちが楽になってきたの。
いい表情でいられたらいいなって。

世の中に綺麗な人なんて山ほどいる。
スタイルのいい人なんて山ほどいる。
いくらやっても美人にはなれないし、抜群のプロポーションになんてなれない。
ならば、どんな自分だったら、<あら、私って悪くないかも~~、>と思えるのか。

あっ、そうそう、いい表情でいたいなって。
だとしたら、自分らしく背伸びもしないで、自然にいられることがいいんじゃないかと。
そんなふうに思えるようになって。
なにか吹っ切れた。
今までいろんな事やってきて、辛いことだって、最高に幸せ~ってこともあって、それがみんな貯金になっていて。
それが糧になっている感じ。
何か突然のことがあっても、慌てふためかないの。
なるほどね、結構面白そうって思える。

さすがです。やっぱりいろいろやってきた人の言葉ですね。
経験値があるから、ということですね。
やっぱり実態が内藤さんにはおありです。
経験の積み重ねが貯金になるんだな~。
私も実態貯金いっぱいしょちゃお~~。

_______私、今からでも遅くないかも!筋肉欲しい!!
筋肉貯金しよ!

なんだか、インタビューしていた私が、ワコさんのインタビューを受けているような。
それにしても名言

【人としてロングセラーでいる】
【いい気持でリリースして、実態を強化する!】
【自分がのめり込んだものを自分の言葉で表現できるっていうことが、説得力】
【その時だけもてはやされても、遊ばれて終わる女みたいになっちゃうわけじゃないですか。】

愉快爽快!
人としても女としても、もちろん仕事でもロングセラーでいる。
エネルギー湧いてきました!

(利き手.構成 ベーネ銀座サロンオーナー 内藤千恵)

橋本 ワコ

一般社団法人日本スポーツビューティ協会代表理事
https://www.facebook.com/japansportsbeauty/?pnref=lhc

waco styling代表
httpd://www.facebook.com/wacostyling/?pnref=lhc

一部上場企業の役員秘書として実績を重ね、トップクラスのビジネスパーソンたちが輝く姿に数多く触れる中、
人を輝かせる技術・理論をもっと追及したい、と発起。
ファッション、メイクを軸に、専門技術を独自の視点で活かした「トータルで人を輝かせるスタイリング」を追求している。
また、11年前よりランニングを始めたことから、パフォーマンスだけでなく、「スポーツする姿も美しく」を、
waco流「スポーツビューティ」のモットーとし、スキンケア、メイクアップ、ウェアコーディネート、3つの柱で構成される、独自の「スポーツビューティ」を提唱中。

Facebookコメントはこちら

☆注目☆

高品質宝石をご紹介し続けるベーネ発 【世界初】発酵熟成美容液で宝石肌に

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

毎月開催イベント – 御徒町ルース販売会

月に1度のチャンス!
「御徒町ルース販売会」

石が好きな方は必見です。

詳細はこちら

ベーネベーネの人気記事