BeneBene's Contens

銀座サロン発ジュエリー工房ベーネベーネの楽しいジュエリーライフ

ジュエリーとのつきあい方




稀少宝石を身に着ける、ということ。|ベーネベーネ

宝石って、そもそも稀少なものなのですが、それを上回るとても稀少な産出の宝石を「稀少宝石」と私たちは呼んでいます。

稀少宝石はカラーストーンに多いですがダイヤモンドのジュエリーばかりを多く目にしていると、カラーストーンのなかの、そのまた稀少なカラーストーンの話って、異次元のように感じてしまうかもしれません。

でも、これらの稀少宝石ってたいていダイヤモンドよりもハイプライスで、そこに価値を見出している人が多いんだなというのもまた事実なんです。

■稀少宝石って、どういう存在のもの?

稀少宝石って、どういう存在のものかと言うと、ずばり「21世紀のいま生きているからこそ出会える宝石」です。
言い換えれば、クレオパトラも、ルイ13世も、エリザベス2世も、どんなにお金を持っていたって持つことは叶わない。
それが稀少宝石なんです。

20世紀になって採掘や研磨の技術が飛躍的に進歩したこともあって、私たちはこんな稀少なものを目にする奇跡に出会っている、といっても過言じゃないでしょう。

■選ばれた??稀少宝石を持つときってどんなとき?

少々乱暴かもしれませんが、もし「ビビビッ!」とくる稀少宝石に出会ったら縁があると思っていいと私は思っています。選ばれたのかも??みたいな(笑)残念ながら、これはロジックでは説明できません。

でも経験上で言うと、宝石って稀少宝石に限らず、波長が合う人のところへ嫁に行くものですし、実際に嫁に行っています。

だから稀少宝石を身に着けることって、特別ですよね。
自分のステージが一歩上に上がるような、そんな感じ。大事な節目になる気がしますね。

■稀少宝石って、気合入れて着けるもの?

稀少宝石は特別なものですが、気合を入れて着けるものでもありません。その特別なものが自分に似合うようになるよう、どんどん着けてください。

スピリチュアルなことは専門外なので多く書きませんが、自分の波長と宝石の波長を合わせるために初めのうちはたくさん使ったほうがいいとおっしゃる方もいます。

■稀少宝石をもっと気軽に楽しむには?

稀少宝石は総じてダイヤモンドよりも高額だったりもしますし、ハイクオリティを一粒と考えると高嶺の花になってしまいますね。

予算があればそういう選択肢もよいと思いますが、サイズが小さい稀少宝石もちょっと目先を変えると、ぐっと自分にあったものを見つけられますよ。

◾︎稀少宝石それぞれをもっと詳しく知りたい方は→こちら

9/14  coming soon すべて1点もののパライバトルマリン

ジュエリーコンシェルジュ 渡邉

Facebookコメントはこちら

ベーネベーネの人気記事