BeneBene's Contens

銀座サロン発ジュエリー工房ベーネベーネの楽しいジュエリーライフ

サロン限定ジュエリー




【第1弾】世界最大のミネラルショー<ツーソン>で買い付けた宇宙観を持つルース到着!販売スタート!

アメリカ ツーソンで開催される、ツーソン・ジェム・ミネラル&化石ショーは、この手のショーとしては世界一の規模。
このショーの開催時期は、ツーソンの街全体が宝石、鉱物、化石の買い手と売り手で埋め尽くされます。
今回、業者以外の入場を厳しく制限しているジェムショーで中心的な立場にあるAGTA、GLDA、GJXなどの展示会で買い付けたまさに宇宙観を持つルースから
ベーネ基準でセレクトしたものがサロンに到着しました。

<ツーソン>という世界最大規模のショーでなくては出会うことができない逸品。

 

まずは、グランディディエライト。
上の写真中央左に置いた正方形、中央右のラウンドがそれ。
オーバルシェイプの多い中、正方形、ラウンドというシェイプでありながら、深いグリーンで底知れぬ透明感を持って強い輝きを放つ2ピース。
グランディディエライトは、エメレージバイト、ベニトアイト、ターフェアイトとともに世界のトップ10に入る超稀少石です。
世界で3番目に高価な宝石とも言われています。
そのグランディディエライトの中でも、このシェイプとこの発色は、私もノックアウト。

そして、パライバトルマリン2ミリラウンド。
このサイズで、まさにパライバの特徴であるぎらりぎらりと輝きを放つネオン感。
瑞々しい発色のパライバが主流の中、まさに<これがパライバ!>というネオンブルー。

デマントイドは2,5ミリラウンド。
ロシア ウラル鉱山のまばゆいばかりの発色。デマントイドガーネットはこうでなくてはいけません。

ミントグリーンガーネットは、その内側に月明かりが宿るような透明感。
日の光を浴びた新緑の葉の、その煌きだけで1粒の宝石になったかのような発色。

超希少石のレッドベリルですが、この1ピースは、まさにベリルならではのエメラルドカット。
しっかりと石に高さがある見事な1ピース。

2,5ミリラウンドのパイロープガーネットは、なんと深紅で発色するものと、パープルを纏う、私としても初めて目にする発色のもの。
この2colorをメランジでセットしたストレートリングの夢想が止まりません。

センターのスフェーンは、ロシアンスフェーンと呼ばれるグリーン地の中から赤、ゴールド、オレンジがぐわんぐわんと沸き上がる
なんともマーベラスなピース。
まるで宇宙で繰り広げられる光りの爆発そのものが1粒の宝石になった発色。

そして5ミリ弱のラウンドスフェーン。
細かで精緻なカットが施され、まばゆい!

ボルダーオパールは、もう銀河そのものを切り取ったかのような発色。
なにしろ<ふ>と言われる光の粒が細かく、それがぐわんぐわんと沸き上がり、見ていると宇宙の中に吸い込まれていくような、
まさにアンドロメダ銀河を切り取ったようなピース。

オレゴンサンストーンはファセットが施され、オレンジレッドの光の粒が1点から勢いよく放たれるよう。
透明感に満ち溢れた地に、宇宙爆発のエネルギーを宿しているかのよう。

ストロベリークオーツは、今まで多く見てきましたが、これほどまでに、小さなイチゴ色の光の粒が充満するほどの迫力を持っているにもかかわらず
透明感に満ち溢れているものは初めて。

そしてこのルチル!
ごくごく細い、まさにヴィーナスの髪を思わせるルチルが、透明な地の中になんとも精緻に、なんとも繊細に、けれどなんともゴージャス!
さらにキャッツアイ効果で宇宙観が満ち溢れます。

写真左のデュモルチェライト イン クオーツ。
青の針状のデュモルチェライトが、まるで矢車草を思わせる花の景色を持って内在するピース。
ブルーの色味が鮮やに結晶し、新星が爆発したときに放たれる光を髣髴させます。

右上のゾイサイトは、その内側から青や紫、グリーン、グレーが沸き上がり、静謐。
透明な水の中に宇宙そのものが溶け込んでしまったかのように神秘的。

このラブラドライトは、透明な水の中に溶け込んだオーロラ。
オレンジのベールを纏い、その帯に寄り添うようにグリーン、ピンク、ブルーの帯が現れます。

そしてこのバイカラートルマリン。
濡れるような質感。薔薇の芳香が一粒の宝石になったかのようなとろりと美しい発色。品格さえ漂います。

写真左、メティオライト(石鉄隕石)は、ペリドットを含んでいます。
「パラサイト」とも呼ばれる石鉄隕石は、地球に飛来してきた全ての隕石のうち約1%しか存在しないとても希少な隕石です。
一般的なパラサイティックペリドットの一部は、年代測定の結果、約43億~45億年前に生成されたことが確認されています。
2008年にインドネシアのジャワ島で発見されたものです。

中央下のギビオンは、現在のナミビア・ハルダプ州で発見された鉄隕石で。約4億5千万年前に地球に落下したと考えられています。
細かい網目状のウィドマンシュテッテン構造がミステリアス。

右上のモルダバイトは、チェコ産。
モルダバイトは約1500万年前に直径1.5キロメートルの小惑星の衝突で形成され、クレーターから450キロメートルの範囲に放出し、
衝突時に2400度を超える高温で地表の岩や砂などの物質が熔融して形成された天然ガラスと考えられています。

そして、このチャーミングなオブジェ。
<スイートホーム鉱山>と書かれた台車に満載のロードクロサイト原石。この原石、カットしたらどうなるのかしらと夢想。

【第2弾!】世界最大のミネラルショー<ツーソン>で買い付けた宇宙観を持つルースは、こちらから。

ベーネ銀座サロンオーナー 内藤千恵

お問い合わせはこちらから♪
03-5565-0750(サロン専用回線)
info@bene-bene.com(メールでのお問い合わせはこちらから)

 

次回イベント

 

月に1度のチャンス!
「御徒町ルース販売会」

今回は9月に香港で買い付けて来たばかりのルースもご覧いただけます。

詳細はこちら

Facebookコメントはこちら

ベーネベーネの人気記事