BeneBene's Contens

銀座サロン発ジュエリー工房ベーネベーネの楽しいジュエリーライフ

NEWS




Bene Bene Engagement Jewelry~無機質なメタルが生命を帯びる~

タガネと呼ばれる鋼で出来た工具を使い、地金に彫りを入れていく技術のことを彫金といいます。
彫金には、日本で伝統的に伝えられてきた和彫りと、イタリアから世界中に広まった洋彫りがあります。

和彫りのルーツは弥生時代といわれ、神社仏閣や仏具の装飾を施す技術として受け継がれてきました。江戸時代にはかんざしや帯留め、刀の装飾として、和彫りの技術が花開きました。

それに対して洋彫りは、イタリアの伝統的な技法が世界の各地に伝わり、その地の文化に合った発展を遂げてきた技法です。

和彫りと洋彫りの違いって?

タガネを小さな金槌で叩きながら、手前に掘り進めていく和彫りは、洋彫りに比べて線が深くはっきりと刻まれ、太さの強弱や勢いを感じます。地金を叩くたびに輝く面が生まれ、陰影を感じる仕上がりになります。

タガネを彫刻刀のように使い、手の力だけで彫り込んでいく洋彫りは、繊細な線を得意とし、細かな模様を生み出すことに長けています。細かく打ち込んでいく和彫りと違い、一気に大きな面を削るため、シャープな輝きが生まれます。

どちらも古くからの伝統を受け継ぎながら、今に伝えられてきた素晴らしい技術です。

和彫りも洋彫りも極めることで、表現できる世界観がある

和彫りにも洋彫りにも、それぞれ得意とする表現があるため、どんな仕上がりを希望するかによって、使い分ける必要があります。

和彫りと洋彫りでは工法の違いだけでなく、使う道具も違います。
なので普通は和彫りか洋彫りか、どちらかの専門となります。

イタリアンジュエリーのような仕上がりを期待していたのに、何だかイメージが違ってしまった!
なんていう事がありますが、和彫りを得意とする職人が手がけたとしたら、そうなってしまうのは当然の事といえるのです。

和彫り、洋彫りの両方を極めることで、より多彩で複雑な表現をすることが可能になります。

川口和寿氏の<彫り細工>

川口氏は、その双方の技術を持ち、それを融合させることのできる稀有な職人なのです。

ブライダルリングにはもちろん、お二人の記念日や、大切な方へのプレゼント。
この、素敵な彫が奏でるハーモニーをお楽しみくださいませ。

ベーネベーネ甲府ショップ 依田

住所: 〒400-0835
山梨県甲府市下鍛冶屋町469-1
電話 055-225-3303

営業時間: 10:00~17:00
定休日:日曜日/祝日/第2・4土曜日

2021年3月は、土曜日が全てオープンしております。その代わり月曜日がお休みとなります。皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

詳しいショップ情報はこちら↓

http://shop.bene-bene.com/fs/rosecut/c/headoffice

ベーネ銀座サロンの気になるジュエリーやルース、 自宅からご注文いただけます

ベーネ銀座サロンでは、メールやお電話でもジュエリーのご注文、ご相談を承っております。

  • ブログで見たルースやジュエリーが欲しい
  • ジュエリーやルースの別の角度からの写真が見たい
  • 価格を知りたい
  • 既存のジュエリーの宝石を違う種類に変更したい
  • 手持ちのルースをジュエリーに仕立てたい
  • 使わないジュエリーをリフォームしたい

などなど、ジュエリーの事なら、何でもお気軽にご相談ください。

詳細はこちらから→https://bene-bene.net/?p=26007

Facebookコメントはこちら

☆注目☆

高品質宝石をご紹介し続けるベーネ発 【世界初】発酵熟成美容液で宝石肌に

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

毎月開催イベント – 御徒町ルース販売会

月に1度のチャンス!
「御徒町ルース販売会」

石が好きな方は必見です。

詳細はこちら

ベーネベーネの人気記事