BeneBene's Contens

銀座サロン発ジュエリー工房ベーネベーネの楽しいジュエリーライフ

稀少石から選ぶ




宝石なのにジュエリーに出来ない!?ロードクロサイト。その稀少石の理由とは?|ベーネベーネ

こんにちは。ジュエリーコンシェルジュの渡邉です。

「ロードクロサイト、非常に面白い宝石の一つだと思います。」とはバイヤー水村の弁。
なぜかというと「インカローズ」という名前のほうが圧倒的に知られていて、逆に「ロードクロサイト」なんていうと
???なぐらい知っている人が少ない宝石なんです、ロードクロサイトっていう宝石は。

だから今日は、インカローズ=ロードクロサイトのお話。

 

薔薇の色を持つ稀少宝石ロードクロサイトって、どんな宝石ですか?

まず、大きく透明石と不透明石に分かれます。
【不透明石の場合】
多くはアルゼンチン産が占めていて「ベーコンストライプ」と呼ばれるピンクとホワイトの縞々が特徴的です。

主に古代インカ帝国があった地アンデス山脈から発掘されるため「インカの薔薇」という意味でインカローズとも呼ばれます。
インカローズは通称であって正式な名称ではありません。

正式な名称のロードクロサイトはギリシャ語でバラの意味のrhodonと色を意味するchromに由来します。

硬度が宝石としてはかなり柔らかい3.5-4.5となっていますが、その鮮やかなピンクに魅せられてかなりの量が流通しています。
これらはどちらかというとカジュアルなルース。

さて、ここでお話ししたいのは宝石質のロードクロサイト。
【透明石の場合】
ロードクロサイトは内包物や不純物が多いので、不透明になりやすく、宝石質の透明石は非常に少ないです。これが稀少石たる所以。

ロードクロサイトは結構採れますが、それは通称「インカローズ」と呼ばれる不透明石のこと。
宝石質・透明石のロードクロサイトは、レア中のレアと言われる稀少宝石なのです。

唯一の鉱山はアメリカ コロラド州スィートホーム鉱山でしたが、いまはすでに採掘が終了しています。
このスィートホーム鉱山で産出されたロードクロサイトは透明度、色彩共、素晴らしい輝きを持っていて、上質のピンク系パパラチアサファイアにも似た独特の色合いを誇っています。

宝石の中でもこんなに屈折率が違う石を私は見たことがありません。
なんと1.597から1.817まであります。上は屈折計では計れない数値です。

薔薇の色を持つ稀少宝石ロードクロサイトはなぜ稀少なのでしょう?

宝石質ロードクロサイトの唯一の産出鉱山であるスィートホーム鉱山は閉山してしまって、すでに採掘された原石からのみ、カットされています。
鉱山が閉山していることにより、現状より供給が増えることは無いでしょう。

ファーストマイン(最初の鉱山)から仕入れる最大のメリット

ベーネベーネで扱うロードクロサイトがなぜ特別なのかというと、そのスィートホーム鉱山で最初に採掘された原石からカットしているからなのです。
鉱山から最初に採掘された原石は、世界の中で最も力を持つバイヤーによって優先順位を付けられバイイングすることができます。

ベーネのバイヤー水村は長年の経験と信用を得ていたので、このチャンスを手にすることができたのです。
「ちょっと自慢になっちゃいますが、そのおかげで、こうやってスィートホーム鉱山から最初に採掘された優良な原石から、この薔薇色の宝石ロードクロサイトをカット、手にすることができているわけです。」と水村。

 

稀少石ロードクロサイトは石留めしてくれる職人がいない?!

ロードクロサイトの硬度は3.5-4.5。真珠よりちょっと硬いくらい。
普通のジュエリー職人では、割れるのが怖くて留められないんです。

ロードクロサイトに傷が付いたり、欠けたりすると、リカットできる研磨職人も日本にほとんどいないから海外に出さなくてはならないのです。
そうなると誰もセッティングしたがりませんよね(笑)

事実、ロードクロサイトを石留めすることはとてもとても難しいです。
硬度が低いから割れやすい、というだけでなく、鉱物上、層になっているので表面がペリッと剥がれてしまうんです。

「ベーネベーネの職人はすごいよね、この硬度がとても低いルースをセッティングできるんだから。」とは再びバイヤー水村。
「この石留め技を持つ職人がいなかったら、ロードクロサイトはジュエリーにはならないんだよね。」とコレクションルースの域を出なかったロードクロサイトがジュエリーになる。
そのことにとても感慨深い様子。。。

ロードクロサイトはジュエリーに向かない?

硬度が低いので、留めるのも大変なので「ジュエリーに向かない」そう思う人もいるでしょう。

でも、たとえば高価なバカラのグラス。
そんな素敵で繊細なグラスで乾杯するとき、ビアジョッキのようにガッチャーンって乾杯するでしょうか??
そこは、ちょっとカチッってレディな仕草で合わせるんじゃないでしょうか?

「大切なものを大切に扱う」
そんなことが日常のなにげない仕草をエレガントにする。
そんな考え方にロードクロサイトのジュエリーはぴったりだと思うのです。

プロが教える稀少石ロードクロサイトの選び方とは?

ロードクロサイトはインクルージョン、面キズ、カケなど、ある程度あります。逆に全く無いものは非常に稀有で、高価で取引されています。

宝石質のロードクロサイトを手にされたいのであれば、ポイントは透明感です。
インクルージョン、面キズ、カケが透明感を遮らないものを選びましょう。
ジュエリーにすることを考えているなら、キズの距離が長いものは避けたほうがよいです。破損のリスクが高まります。

ロードクロサイトを留めることができる職人がいるから、ロードクロサイトはジュエリーになる。
コレクタールースといわれてきた宝石だからこそ身に着けることができる贅沢に、心豊かになるなぁと思うのです。

 

▼ロードクロサイトをご覧いただけるイベント開催してます。
【1日限定】ルース販売会 in御徒町ルースショップ

ジュエリーコンシェルジュ
渡邉

 

ちょっと聞いてみよう!

\ あ、この子、どツボかも。。。/

ルースを探そうと思った時に
「ちょっと聞いてみよう!」と思えるところ。(Y.Yさん)

 

→【ルース販売会】常連さんのインタビューを読んでみる←

Facebookコメントはこちら

☆注目☆

高品質宝石をご紹介し続けるベーネ発 【世界初】発酵熟成美容液で宝石肌に

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

毎月開催イベント – 御徒町ルース販売会

月に1度のチャンス!
「御徒町ルース販売会」

石が好きな方は必見です。

詳細はこちら

ベーネベーネの人気記事