BeneBene's Contens

銀座サロン発ジュエリー工房ベーネベーネの楽しいジュエリーライフ

ジュエリーの選び方




ロココ

ロココ(ロカイユ)
繊細でいて華麗な装飾、官能的な美しさ

ロココは18世紀、ルイ15世のフランス宮廷からはじまり、ヨーロッパ各国に広まっていった美術様式。フランス語のロカイユ(庭園を飾る小石や貝殻の装飾)という言葉に由来します。アラベスクなどの植物をイメージした曲線や、貝殻のような渦巻きの装飾。それらを繊細で華麗に、手の込んだ作りで左右非対称に表現しているのが特色です。自然をモチーフにしたロココの造形は、繊細さと力強さを持ち、またその曲線的なデザインは官能的であり優雅。主に曲線を多用したインテリア装飾をロココ様式と呼びます。

ジュエリーもまた、左右非対称のデザインを特徴としています。リボンや羽、花や葉飾り、渦巻きなどのモチーフが多くデザインされ、宝石はローズカットをはじめとする、ダイヤモンドの輝きが人気を集めました。当時ダイヤモンドをセッティングしていた台座はシルバーが主流でした。

 

Facebookコメントはこちら

☆注目☆

高品質宝石をご紹介し続けるベーネ発 【世界初】発酵熟成美容液で宝石肌に

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

毎月開催イベント – 御徒町ルース販売会

月に1度のチャンス!
「御徒町ルース販売会」

石が好きな方は必見です。

詳細はこちら

ベーネベーネの人気記事