BeneBene's Contens

銀座サロン発ジュエリー工房ベーネベーネの楽しいジュエリーライフ

ジュエリーの選び方




誰も教えてくれないけれど知っておきたい「シャンパンゴールド」という金種について

左からピンクゴールド、イエローゴールド、シャンパンゴールド、ホワイトゴールド

K18シャンパンゴールドとは、どんな金種?

純金は柔らかく、身に着けた時に傷がつきやすいなどの理由から、他の金属を混ぜます。
そのときに混ぜる金以外の金属を割金と呼びます。

純度100%の金がK24。
すなわち、K18の場合は18/24が金、残りの6/24が割金。
金の純度が75%の金属です。

K18の場合、イエローゴールド、ホワイトゴールド、ピンクゴールド、シャンパンゴールド、
いずれも金の割合にかわりはありませんが、
残りの25%の割金にどの金属をどの割合で加えるかによって見た目の色が変わってきます。

おそらく、シャンパンゴールドよりもイエローゴールドやホワイトゴールドの方が聞き馴染みがあるという方も多いかと思います。
実はホワイトゴールドはコーティングが施されているものですので、
コーティングのない状態だとシャンパンゴールドとほぼ同じ色をしています。

シャンパンゴールドは、イエローゴールドより白っぽく、
イメージとしてはちょうどイエローゴールドとホワイトゴールドの中間といった雰囲気です。

金種がシャンパンゴールドのジュエリーってどんな印象?

優しいイエローが黄みがかった日本人の肌になじむので身に着けたときに石が引き立つジュエリーになります。

シャンパンゴールドはイエローゴールドに比べて色の淡い金種ですので、
セットする石の色に影響が少なく、繊細な色の石を引き立たせることができます。
石の色をそのままいかしたいけれどスタイリッシュなホワイトゴールドよりも温かみのある金種の方が好み。
なんて方は、シャンパンゴールドがおすすめです。

なぜベーネでは金種でシャンパンゴールドが選べるの?

先ほども書いたようにイエローゴールドやホワイトゴールドのように知名度の高くないシャンパンゴールド、
他のお店でもあまりみかけないのではないでしょうか。
シャンパンゴールドは、色石の繊細な色合いをいかすのに優れた金種。
ですからダイヤモンドを多く扱うお店では、シャンパンゴールドを取り扱う必要がないのです。
色石を多く扱うベーネならではの金種です。

■金種について
こちらもぜひご覧ください。
プロが教えるK10を選択するメリット
ジュエリーのコーディネート、イエローゴールドとホワイトゴールド組み合わせて良いの?

Facebookコメントはこちら

☆注目☆

高品質宝石をご紹介し続けるベーネ発 【世界初】発酵熟成美容液で宝石肌に

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

毎月開催イベント – 御徒町ルース販売会

月に1度のチャンス!
「御徒町ルース販売会」

石が好きな方は必見です。

詳細はこちら

ベーネベーネの人気記事